家の断熱性

家の断熱性をよくしたいと思っていても、まず何からしたらいいのでしょうか?
単に断熱性をあげようよ断熱材をよくすれば性能があがるわけではありません。地域の気候風土や墨手のライフスタイルに合わせいい答えを見つけることが重要です。一般的な性能数値だけでなく自分の暮らしにあった家にしましょう。どれだけ断熱材を厚くしても熱の逃げ道になる隙間が多い家が熱はどんどん出入りしますので断熱性は期待できません。
まずは家全体の熱の出入り口を極力減らすことです。断熱、機密、遮断、換気の要素が加わってこれらをバランスよく高めていく必要があるのです。断熱性が高いとなぜ快適なのか、ということですが断熱性だ高いと床や壁、天井などの表面温度が適度な状態に保たれるためです。きれいな空気を保つように換気もよくすることもできダニやカビの発生を抑え清潔な空間を保てます。またにおいもこもりません。
また断熱性で暖房やエアコンの使用頻度が減り二酸化炭素発生量の減少や、経済的にもとってもメリットが出てくるのです。