断熱の工法

断熱には代表的な工法が二つあります。まず、内断熱です。これは柱と柱を埋めていく方法になります。日本住宅はほとんどが内断熱工法を採用しています。しかしこれは断熱材で柱と柱を埋めていきますので、断熱材用のスペースを作らず、コストを大幅に抑えることが出来ます。断熱材を埋めた柱の内側、つまり室内温度だけを調整するので室内が快適な温度になるまで早いのです。

もうひとつは外断熱です。重役の周りを外からすっぽり断熱材で覆う方法です。柱の外に断熱材を貼り付けその上から外壁材を貼り付けます。壁の中の空気を残すことが出来ます。配線や廃刊が簡単でニッチを作りやすい、家全体を断熱材で覆うことになるため冷暖房器具のききがとてもよく効率的な温度調整が出来ます。また最近は付加断熱といってどちらの工法も採用する断熱法があります。柱と柱の間に断熱材を生め、家全体を断熱材で多い、断熱性の高さは内断熱か外断熱か?と簡単には決められません。両方のメリットもデメリットもあるのでしっかりその断熱工法の内容を把握しましょう。