日本の住宅の断熱材

外気温の影響が少ない、家中の温度差が少ない、熱の漏れや進入が少ない、こういったことが高断熱の家と呼ばれることが多いです。湿気や乾燥した空気の進入が少なく温度管理でダニやカビの発生を抑え、計画換気で常に綺麗な空気を実現する家になります。

日本の住宅会社ではたくさんの種類の断熱材が使われていますがもっとも多いのはグラスウールです。ロックウールにもよくにている断熱材で多く使われています。メリットは大量生産効果によるコストの安さです。反面デメリットは現場施工では複雑にした材料が絡み合うために隙間なく施工することが非常に難しくなっているのです。やわらかく繊維系の素材なので施工技術も断熱性を高める上で重要な要素になっています。しっかりしてない施工になると壁などに施工した部分は徐々にずり落ちてしまう欠点もあります。断熱材はいくら高性能のものを使っても施工の段階で隙間が出来てしまい、断熱効果が発揮できません。その点ポリスチレンフォームは変形が少ないし、隙間がなく施工することが出来る断熱材になります。最近はほかの発泡系の断熱材が高評価です。